法面急傾斜対応FTCフェンス

福岡県「新技術・新工法ライブラリー」
登録No1601009A
特許登録番号:特第3899112号

法面急傾斜対応フェンス

特徴

  • 既存のフェンスとは異なり、法肩の複雑な地形に金網が自在に傾斜し、対応します。
  • 金網の下部に隙間ができません。
ドレーン工用 カゴマット製品仕様
下部に隙間ができません
ドレーン工用 カゴマット製品仕様
自在に傾斜施工が容易

法面急傾斜対応フェンス FTC-H1000

平坦部

傾斜部

特徴

  • 1. 金網が角度自在に動き傾斜に対応するので施工が簡単です。(約40度まで)
  • 2. 従来の下胴縁のあるフェンスに比べ、斜面と金網下部の隙間がありません。
  • 3. 鋼管基礎を使用することで従来のコンクリート基礎に比べ軽量の為、施工が容易です。

仕様

型式 FTC-H1000
高さ H=1,000(GLより1,050mm)
STK400 φ48.6×2.3 溶融亜鉛めっき HDZ40
胴縁 SS400 R付L-40×40×3 溶融亜鉛めっき HDZ40
FTC金網 縦線:フラットトップ線 φ4.0 SWM-GH7
横線:クリンプ線 φ4.0
鋼管基礎 STK400 φ101.6×2.3 溶融亜鉛めっき HDZ55